忍者ブログ
パプアニューギニアに関することならなんでも、いろいろな話題をアップしていきます。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[08/23 Stopping internet porn addiction]
[08/23 Stop porn addiction]
[08/20 jnmlkqdakb]
[08/20 usishcijio]
[08/20 Casino Online]
プロフィール
HN:
giamanJ.T
性別:
男性
自己紹介:
海も山も大自然がありのまま、パプアニューギニアにすんでいました。パプアの心意気を忘れないよう、何でも記していきます。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
21
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

メアカンブット(Meakambut)の若者2人は取材班に抵抗を感じている様子がなく友好的だった。
彼らはジョンとマークというクリスチャンネームを持っていた。
かつて村から離れ聖書学校に通ったメアカンブットの1人が彼らに洗礼を施したのだという。
 
翌朝「ウラプングナ(Ulapunguna)」という洞窟まで案内してくれることとなった。
入り口の高さが12メートルほどのその洞窟の地面には炉穴があり、壁には野ブタ狩猟用の矢が並んでいた。
 
彼らはこの洞窟で数日か数週間を過ごして別の洞窟へ移動する、という生活を続けている。
女と子供はタロイモ、キュウリ、キャッサバ、タバコなどを植え、次に来るときに収穫するのだ。

 
翌朝案内してくれた洞窟は「コパオ(Kopao)」。
メアカンブット発祥の地とも言われる聖なる洞窟だ。
 
洞窟にたどり着くためにはまず垂直に切り立った山壁を登らないといけない。
木のつるを頼りに約300メートルの岩肌を登るのにかかった時間は2時間以上。過酷だ。
 
洞窟に入ると目に飛び込んできたのは頭蓋骨。
ジョンの祖先の頭蓋骨だった。
 
奥に入ると壁に赤や黄の手形があった。
ジョンの祖先の手形だというが、メアカンブットは時間を記録しないためいつごろのものなのかは誰にもわからない。
 
さらに奥、天井に20センチほどの割れ目がある場所へ案内された。
すると、ジョンが急に厳かな表情になり話し始めた。
 
「これからコパオの伝説を話すが、語り終えたらすぐに全員が一言も発することなく洞窟を去らなければならない」

meakanbut_03.jpg
- 手形は粘土から作った顔料で着色されているが一部の赤色は血の色だ。
PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Copyright c 【パプアンタイパン】 ブログ版 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]