忍者ブログ
パプアニューギニアに関することならなんでも、いろいろな話題をアップしていきます。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[08/23 Stopping internet porn addiction]
[08/23 Stop porn addiction]
[08/20 jnmlkqdakb]
[08/20 usishcijio]
[08/20 Casino Online]
プロフィール
HN:
giamanJ.T
性別:
男性
自己紹介:
海も山も大自然がありのまま、パプアニューギニアにすんでいました。パプアの心意気を忘れないよう、何でも記していきます。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
24
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Facebook見ていたら突然電話着信の画面が出てきました。
応答するとおっさんの顔が。

このおっさん、、
おぅ!よく見たらマルじゃないか?!
marufb.jpg
-マル・イガベ。弱冠22歳。

マルはパプアで僕が先生やってたときの生徒です。
パプアキンイロクワガタの宝庫、パイガタサ村へ招待してくれた一番の親友でもあります。

「ニワトリはやっぱ殺したてがうまいよね」
「もう人は食べちゃだめだからねww」
懐かしい話で盛り上がりました。

にしても思ったよりマルの顔がスムーズに動く。
パプアのネット速度が相当改善したのかな、昔は4kbpsしか出なかったよ?

「僕、今オーストラリアにいるんです。奨学金制度に受かって。」
どうりでネットが速いわけです。
それにしても奨学金受かったなんて!相当の倍率だと思うぞ、それは。

「来年UPNG(パプアニューギニア大学)に戻るんだ。次は奨学金で日本に行くから。」
マル、そんなに簡単に受かるのか?
「絶対に日本に行く。そしてMr.Tanakaに会いに行く。」

・・・よし、来たら裸足で東京を走ろうぜぃ!
PR
事実その村の娘は瀕死の状態だった。
 
診療所まで一緒について行こうとしたジョンと途中で別れることになった一向は内心ほっとしたという。
 
娘は抗生物質の投与で何とか一命を取りとめたが、彼らのような移動生活には苦労が多く、病が命取りになる。
 
 
同行した文化人類学者は葛藤していた。

「彼らの文化を研究し守りたい。でもメアカンブット(Meakambut)の人々はもう絶滅寸前だ!あと10年もしたら文化も言語も消滅してしまうかもしれない。洞窟を守ったってそこに住む人がいなければ意味がないんだ。。」
 
 
メアカンブットは自分たちのこれからをどう考えているのか。
ジョンから、首都のポートモレスビー(Port Moresby)に戻ったら政府に伝えてほしいといわれた事がそれをあらわしているように思われる。
 
「もし政府が診療所と学校、それから2本のシャベルと斧をくれたら、私達は狩りも移動生活も洞窟暮らしもやめます。それで家を建てることができるから。」
- タバコを吸うメアカンブット

meakanbut_08.jpg
-サゴヤシのでんぷんを取る。これが食料となる。


出典:ナショナルジオグラフィック2012年2月号
             ~最後の洞窟の民より~


数百もの部族がいると言われているこのパプアニューギニアで、彼らの多くは独自で魅力的な文化を持っています。

しかしそのような部族や文化を守ろうとすることは本当に良いことと言えるのか。

考えてしまいます。
コパオ(Kopao)の伝説、それはメアカンブット(Meakambut)誕生の秘密だった。

ある日大地の精霊「アピ(Api)」がこの地にやってきたとき、そこには人はいなかった。
森にはブタ、川には大量の魚、そしてサゴヤシもあちこちに育っていた。
ここは人が住むのにいい場所だ、そう考えたアピは洞窟の岩をこじ開けた。

そこからあらわれたのがメアカンブットだった。

彼らは豊富な動物を狩りながら、何不自由なく楽しく穏やかな生活を送っていた。
そのころ男と女はそれぞれ別々の洞窟で生活していたが、ある日ひとりの男がこっそりと女の洞窟へ行き、女と交わった。

その男が戻るといつもと様子が違う。
ある者には嫉妬心、ある者には憎しみという感情が生まれたのだ。

人間が悪を知ってしまった瞬間だった。

---------- 
----------
----------

翌朝ジョンに会うとどうも様子がおかしい。
すっかりふさぎこんで、髪飾りなどいつものおしゃれが見当たらない。

聞くと、昨晩コパオの精霊が夢でジョンにこう告げたのだという。

「おまえは神聖な場所に白人を連れてきて、秘密を聞かせていたな。あれはメアカンブットだけのものだ。白人なんぞに聞かせてはいけなかった。」

夢の中では洞窟の頭蓋骨がうつろな眼窩を赤く光らせて怒っていた。
 
 
ここパプアニューギニアでは今でも呪術が広く信じられている。
村の若者が死んだのは隣村の村長が呪いをかけたからだ、殺してしまえ。
そのような争いはよくあることだ。
 
実は数日前にメアカンブットの娘が肺炎にかかり、村を下りた診療所で治療を受けていた。
もし娘が死んだら、洞窟に入った彼らは間違いなく責められる。
 
つまり、ここを去らなければ命があぶないのだ。

meakanbut_05.jpg
- ジョンが語った秘密。それはメアカンブットの誕生の話だった。

メアカンブット(Meakambut)の若者2人は取材班に抵抗を感じている様子がなく友好的だった。
彼らはジョンとマークというクリスチャンネームを持っていた。
かつて村から離れ聖書学校に通ったメアカンブットの1人が彼らに洗礼を施したのだという。
 
翌朝「ウラプングナ(Ulapunguna)」という洞窟まで案内してくれることとなった。
入り口の高さが12メートルほどのその洞窟の地面には炉穴があり、壁には野ブタ狩猟用の矢が並んでいた。
 
彼らはこの洞窟で数日か数週間を過ごして別の洞窟へ移動する、という生活を続けている。
女と子供はタロイモ、キュウリ、キャッサバ、タバコなどを植え、次に来るときに収穫するのだ。

 
翌朝案内してくれた洞窟は「コパオ(Kopao)」。
メアカンブット発祥の地とも言われる聖なる洞窟だ。
 
洞窟にたどり着くためにはまず垂直に切り立った山壁を登らないといけない。
木のつるを頼りに約300メートルの岩肌を登るのにかかった時間は2時間以上。過酷だ。
 
洞窟に入ると目に飛び込んできたのは頭蓋骨。
ジョンの祖先の頭蓋骨だった。
 
奥に入ると壁に赤や黄の手形があった。
ジョンの祖先の手形だというが、メアカンブットは時間を記録しないためいつごろのものなのかは誰にもわからない。
 
さらに奥、天井に20センチほどの割れ目がある場所へ案内された。
すると、ジョンが急に厳かな表情になり話し始めた。
 
「これからコパオの伝説を話すが、語り終えたらすぐに全員が一言も発することなく洞窟を去らなければならない」

meakanbut_03.jpg
- 手形は粘土から作った顔料で着色されているが一部の赤色は血の色だ。
メアカンブット(Meakambut)の洞窟は道なき道を越えた尾根にある。
ナショナルジオグラフィックの取材班の記録からは尋常ではない渡航の様子がうかがえる。
 
まず彼らは水陸両用小型プロペラ機でセピック(Sepik)川流域まで移動した。
川が浅くなるとそこから徒歩で数時間。
 
森に着いた彼らは「こん棒」を用意した。
電話などないこの森では交信手段に「こん棒」を使うのだ。
3人の男がそのこん棒で大木を力まかせに叩く。
 
ドゥゥゥンンーーン....
 
彼らはこの「ジャングル電話」を2日も続けた。
 
反応は無し。
 
反応がないとわかったら進むしかない。
次の目的地はメアカンブットが最後に確認されたテンバカパ(Tembakapa)という尾根。
 
当然会える保証はないし、なによりその尾根までは徒歩で2日かかる。

 

大きな地図で見る
-メアカンブットはこの辺り


険しい道のりを2日かけて到着したその集落に人の気配はなかった。
石で丸く囲まれた木の十字架があるだけだった。

 
翌日昼、2人の男がやってきた。
細身の体で筋肉質、腰みのを付け頭には黄色い鳥の羽、そして力強い握手、
メアカンブットの男達だ。

 
彼らはたまたま通りかかったのではない。
「ジャングル電話」が聞こえたのだという。

meakanbut_04.jpg
-メアカンブットにとって川は道だ。

Copyright c 【パプアンタイパン】 ブログ版 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]