忍者ブログ
パプアニューギニアに関することならなんでも、いろいろな話題をアップしていきます。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[08/23 Stopping internet porn addiction]
[08/23 Stop porn addiction]
[08/20 jnmlkqdakb]
[08/20 usishcijio]
[08/20 Casino Online]
プロフィール
HN:
giamanJ.T
性別:
男性
自己紹介:
海も山も大自然がありのまま、パプアニューギニアにすんでいました。パプアの心意気を忘れないよう、何でも記していきます。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
21
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Bro how’s Japan and how are you doing at the moment. Hope everything is ok with you.

トゥヴォからのE-mailが届きました♪

The headmaster Mr Donald Awaparu came and I told him  the news and he was very happy

校長のドナルド登場!彼もこの日を心待ちにしていたのです。

役者がそろってきましたー!

DSCN8839_500.jpg
” 彼らは村のビッグマン
PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
はじめまして。
パプアニューギニアについて調べていたら、たどり着きました。実は、4月に帰国した私のダーリンがゴロカでドクターとして仕事をしているので、7月に彼の街に遊びに行く予定なのです。
何か私でも、お力になることができればと思ってメールしました。
また、パプアニューギニアの話題を楽しみにしています。
ikuさん / 2008/05/20(Tue) / URL
Man bilong haus sik
Tenkyu tru yu putim toksave!

コメントありがとうございます!

ダーリンは日本の方ですか?

ゴロカのどのあたりで働いているのでしょう。
giamanJ.Tさん / 2008/05/21(Wed) /
こんにちは
返信ありがとうございます。
ダーリンはパプアニューギニアンです。
日本に7年在住していましたので、日本語・英語も堪能です。
私はゴロカに行くのが今回はじめてなので、いまいち彼の所在地に詳しくありませんが、こちらです。
Goroka Base General Hospital P.O.Box 392 Goroka, E.H.P, Papua New Guinea

先日、病院にインターネットがつながったような状況で、ホテル住まいで出勤していて、まだ自宅がないんだそうです。


彼は去年の夏の一時帰国の際に病気の子供たちに日本のお土産を持っていき、HIVのキャンペーンもしたきたようです。
私のブログからリンクできますので、よろしければホームページを覗いてみてください。
ikuさん / 2008/05/22(Thu) / URL
すごいですね!
北海道にパプアニューギニアンがいたんですね!
驚きです。凍えていませんでしたか?笑

General hospitalはボクの勤めていた高校のすぐ近くです。
一度、お世話になったことがありますが、薬草を渡されました。笑

ikuさんはネイリストさんなんですね!
パプアンはオシャレ好きなので、ネイルやってあげたりしたら大喜びだと思います。

>何か私でも、お力になることができればと思ってメールしました。
ありがとうございます。
ぜひ、村にいってみてほしいですが、、あまりに過酷なので、ダーリンの故郷にはぜひ行ってみてほしいですね。
ダーリンはゴロカ出身ですか?

それから、、7月に行ったとき、ぜひ私の友達にあってほしいです。
女の子ですが、日本人の女性が大好きで仲良くなりたがっていました。

コメントありがとうございました!
giamanJ.Tさん / 2008/05/22(Thu) /
ikuさん、ありがとうございます!
giamanJ.Tさん、私からもコメントさせて頂きます。

ikuさん初めまして。
パイガタサ村の学校事情を当HPに報告したミウラと申します。
ご協力のご意思私からも御礼申し上げます。

この地区は政府の手も届かぬ山奥の僻地にあり村人は原始的な生活を続けております。
村を守りより良くする為には教育が必要ですが、彼らが学校を誰かに建ててもらうのを願うのではなく自ら手作りし手探りで運営している姿に、私達は心打たれました。(取材の状況は元祖パプアンタイパンの日記で参照頂けます)

現在はご承知の通り不足しがちな文具や衣服等を現地まで送り届ける第2回目のプロジェクトをgiamanJ.Tさんに進めて頂いております。
学校が許認可を受け運営が軌道に乗るまでの過程で、ご協力頂けます折には何卒宜しくお願いいたします。

ダーリンさんがドクターというのも何かのご縁かもしれません。
この村は過去に『クールー病』に苛まされた地域ですから。
詳しくは、
『震える山―クールー、食人、狂牛病』 ロバート・クリッツマン著(法政大学出版局)
『死の病原体 プリオン』 リチャード・ローズ著(草思社)
や元祖パプアンの日記にお目通し頂ければと思います。
ダーリンさんからも何かお話が聞けるかもしれません。
ミウラさん / 2008/05/23(Fri) /
彼の故郷は
ゴロカではないですが、北大にいる地質学の研究で来ている彼の先輩がゴロカ出身です。

私は彼がゴロカにいるので、ゴロカに滞在予定です。パイガタサはもっと奥地なんですね。

ゴロカの病院には、彼の同級生の先生(耳鼻咽喉科)がいて、彼とタッグを組むと良い治療ができると思うと言ってました。最近では、口腔癌の摘出手術をしたそうですが、去年の帰国時に病院の施設が整っていないから、足りないなら足りないなりの治療方法を日本の医療と比べて研究していました。

彼も常々教育の大切さを話していましたから、ミウラさんやgiamanJ.Tさんの活動に協力してくれると思います。
彼と彼の先輩にはお話して、協力を仰ごうと思いますので、微力ですが少しでもご協力できたらと思います。
ikuさん / 2008/05/23(Fri) / URL
Trackback URL
Copyright c 【パプアンタイパン】 ブログ版 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]